医療脱毛の効果

医療脱毛の効果は、脱毛効果のみならず、レーザー照射をすることで、自己処理の結果、起こった黒ずみも解消できるのです。

 

更に、毛根だけでなく、ワキガの原因であるアポクリン腺にも効果を発揮しますので、臭いも軽減できます。レーザーは、特定の波長の光を発光します。そのレーザー光の特性が、ある組織だけに作用するということが発見されています。それを脱毛施術に利用して、無駄毛の毛根組織を破壊し、毛を生やさないようにする施術が、レーザー脱毛です。さらに、この毛根組織破壊をする行為は医療行為とみなされ、日本では、医師免許がなければ、施術できません。これだけ有名になった医療脱毛ですから、脱毛効果はお墨付きということなのです。医療脱毛が行われた当初は、それまでの針脱毛施術に比べると時間も早く行え、痛さも個人差はあると思いますが、針脱毛に比べて痛くなく、さらに脱毛機器も益々進化しているので、痛みを感じにくい脱毛が可能になっています。

 

医療脱毛のレーザー脱毛をすることによって毛穴は目立たなくなり、毛穴の黒ずみや、くすみを分解し、美白効果もありますので、一石二鳥です。女性なら、誰でもつるつるのお肌になりたいですから、脱毛できて、きれいな肌になるのはうれしい効果です。但し、レーザー脱毛での副作用ですが、炎症、熱傷(やけど)、色素沈着が見られます。医療レーザー脱毛は毛根のみにダメージを与え、永久脱毛をするのが目的ですが、毛根で発生した熱は当然周りにも波及してしまいますので、放っておくと、周囲組織に熱障害、火傷を生じる恐れもありますので、気を付けてください。

コメントは受け付けていません。