医療脱毛の気を付けたい重要ポイント

医療脱毛は、レーザー光線を微妙に調整しながら施術します。

 

医者が施術しますので、施術中は皮膚の状態を見ながら、そして負担をかけないように、かつ、効果が最大に出るように調整しています。医療脱毛のレーザー脱毛は脱毛できるのはもちろんのこと、脱毛以外の効果も望めます。レーザー自体が色々な医療技術に使われていますので、シミやあざ、ホクロ取りの治療に使われてきたレーザーを改良し、医療用のレーザー脱毛にも利用されるようになりました。医療用レーザー脱毛機器は年々改良されています。

 

しかし、すべてのクリニックが新しい機器を取り入れているわけでなく、また機械と部位、その人の肌質との相性というものもあるため、いくらかのリスクはついてくるのだということも念頭におきましょう。医療用脱毛のレーザー脱毛は、患部を冷やしながら照射しますが、レーザーの出力をある程度上げていかなければ毛根は焼けません。

 

しかし、照射温度が高すぎると周囲へのダメージがでてしまします。その加減は難しく、まれにトラブルに繋がってしまうケースもあるので注意すべきです。もし、万が一トラブルになっても、クリニックではトラブルに対応できる薬を処方します。

 

しかし、何のトラブルも無くレーザー脱毛をしてもらいたいものです。医療脱毛をしようと決めた時は、こういった副作用も頭に入れてクリニックを選んでください。また、医療脱毛の施術をする場所の衛生管理を取り上げても、専門機関だからこその安心感があります。目に見えない雑菌に対する殺菌処理などは、医者だからこそできる対処なのです。

コメントは受け付けていません。